初めての方へ

HOME | 初めての方へ | 低価格なランニングコスト

低価格なランニングコスト

POINT④
ベラスアクアの逆浸透膜浄水器におけるランニングコストはメンテナンス・フィルター交換代になります。
どの浄水器にもメンテナンス・フィルター交換は必ず必要になりますが、逆浸透膜浄水器にはRO膜を含め数種類のフィルターが使われているため、交換時期が異なる物があります。メンテナンス・フィルター交換は年1回。RO膜のみ3年に1回の頻度で交換し、その他の3本のフィルターは1年1回の頻度で交換します。
 
水を注ぐ
 
1年分、1日分の費用で考えてみる

純水を1日約60円で量を気にせず使える

べラスアクア逆浸透膜浄水器のフィルター構成は計4本。RO膜¥18,000(3年1回)・その他は1本¥4,000(1年1回)+出張作業代になります。東京都内の場合で例を挙げますと、1,2年目が¥16,200(出張費・税込)3年目が¥32,400(出張費サービス・税込)になります。1回の金額で見てしまうと高く感じてしまうかもしれませんがそんなことはありません。※出張作業料金¥3,000~

メンテナンス・フィルター交換代金を3年間で合計すると¥63,000。これを3で割ると1年にかかる金額が¥21,600。さらに365日で割ると1日に掛かる金額が約59円。1日に量を気にせず使用できることを考えれば自販機でミネラルウォーターを買うより、ウォーターサーバーの宅配水を頼むより遥かに低価格になります。
 
ペットボトル数本
 
色々な飲料水と比較してみる

ランニングコストを比較すると…

比較例としてペットボトルミネラルウォーター、最近流行りのウォーターサーバー、ベラスアクアの逆浸透膜浄水器で比べてみましょう。ペットボトルミネラルウォーターが2ℓで100円だとします。ウォーターサーバーが月々レンタル代1000円+1本12ℓ1000円として、これを月に5本使ったとします。そうすると日割り計算で1日2ℓ166円になります。

下記の表はこの3つの飲料水を対象に様々な事項で比較してみました。
※東京都内の場合
種類 ペットボトル 宅配ウォーター ベラスアクア
容量 2L 12L 自宅造水
水質 ミネラルウォーター 純水+ミネラル 純水
本数 1本 1本 自宅造水
金額 100円 1000円 年1回フィルター交換
4人家族で一月60㍑ 30本 5本 自宅造水
4人家族で一月の金額 3000円 5000円 1800円
年間料金 36000円 60000円 21600円
日量料金 100円 166円 59円
 
ウォーターサーバー
 
あまり知られていませんが…

RO膜はウォーターサーバーでも使用されている

天然水系のウォーターサーバー以外でRO膜方式で浄水しボトリングしている業者さんも多く、追加でミネラルを添加しています。12リットルのボトルごとに購入し、宅配してくれるので手間もかかりませんので、最近すごく人気が高まっていますが、そのRO膜を使用しているのはベラスアクアも同じ。初期導入で費用がかかりますが、そのランニングコストを比較すればベラスアクアは低価格になります。

もちろんベラスアクアの逆浸透膜浄水器はランニングコストが低価格ですが、初期費用がかかり、キッチンに純水用蛇口の穴を空けたりと工事が必要になります。シンク下に本体とタンクが入りますので、見た目的には良いですが、お鍋などの調理器具を入れるスペースがすこし狭くなるとの問題もあります。一方ウォーターサーバーでは、初期費用が安い、もしくは無料。新鮮な水を運んできてくれる。導入時の工事などがいらないなどのメリットがあります。デメリットでは大きいウォーターサーバーや買い置きの12リットルボトルで場所をとる。ランニングコストが高く(ベラスアクアに比べ)使えるお水に制限があることです。どちらにするかは好みですので、各家庭にあった選び方をするのが望ましいと思います。

instagram

設置やフィルター交換状況紹介
会社案内ページへ
RO浄水器設置事例ご紹介
 
メディア紹介ページメディア紹介ページ
 
メディア紹介ページメディア紹介ページ
 
実験・動画
 
フィルター交換メンテナンス
 
子育て応援パスポートページへ